医療関係者の方ですか?

はい

いいえ

3D™ Performance

HOLOGIC® 3D™ マンモグラフィが
選ばれる理由


genius™ 3D Mammography™
examの結果は2Dマンモグラフィ単独の場合に比べ、浸潤癌の検出率が41%増加し、また偽陽性による要精検が最大40%低下しました。


販売名:デジタル式乳房X線撮影装置 Selenia Dimensions
医療機器認証番号:222ABBZX00177000

Selenia® Dimensions®の新たなラインナップとして2019年4月に3D™ Performanceの販売を開始しました。
トモシンセシスは、3.7秒のスキャン時間で±7.5°の範囲を15回撮影したデータから1mmピッチの3D™画像を再構成します。
乳腺の重なりを1mmずつ分離して画像を確認することが可能で、2D単独のマンモグラフィでは乳腺の重なりに隠れて見えない病変を見つけやすくし、あるいは正常乳腺が重なることで病変に見える偽陽性を低減するといったメリットをもたらします。

 

      




●浸潤癌検出率が41%増加
 ホロジックの3D™マンモグラフィは、2D単独に比べ、浸潤癌の検出率が20~65%増加したことが臨床研究により
 報告されています
1

 


●偽陽性による要精検が40%低下
 2D単独では病変のように見えた正常乳腺の重なりが、3D™マンモグラフィによって確認可能になります。
 現在、偽陽性による要精検が最大で40%低下したことが臨床研究で報告されています1-4
 検査効率と全体の費用対効果の向上が期待できます。

 


●3.7秒のスキャン時間
 3D™のスキャン時間は3.7秒です。圧迫時間が短いため被検者の体動リスクを少なくし、再撮影のリスクを
 
減らします。


   


●より快適な検査へのこだわり
 被検者のマンモグラフィ検査での不安事項として1番にあげられることは、圧迫に伴う痛みです。
 その痛みと不快感を軽減するように、人間工学に基づいてデザインされた圧迫板がSmartCurve™です。
 乳房の形状に沿ったカーブを持つデザインで、従来のフラットな圧迫板と変わらない画質を提供します。

 


●マンモグラフィ検査に、優しさを
 MammoPad®は、乳房圧迫の不快感や痛みを軽減するクッションです。X線量を増加することなく高精細な画像を
 提供します。75%の被検者が、検査の不快感が半減したと回答しました
7-8 

 また、MammoPad®の材質は乳房の固定を促すため、画質の向上にも貢献します9-10


 

 

●合成2D画像の生成
 3.7秒で撮影したトモシンセシスのデータから、合成2D画像を生成することも可能です。追加撮影は不要です。


  

 

●軽量でセッティングもシンプルな、バイオプシー
 Affirm®は女性でもスムーズに持ち運ぶことができる、コンパクトなバイオプシーガイドシステムです。
 取り付けやすさを考慮したバランス設計で、接続もより簡単になりました。

 ステレオ撮影、トモシンセシス撮影両方に対応でき、コントロールパネルは検査に合わせて左右どちらも取り付け可能です。


●サービスサポート
 - 日本全国に72ヶ所のサービス拠点を設置し、安心のアフターサポートを提供。
 - 各種の保守メニューを用意し,お客様のご要望に対応できる体制でサポート。
 - 詳細については、営業・サービス担当者へお問合せ下さい。

 


 

  1. Friedewald SM, Rafferty EA, Rose SL, et al. Breast cancer screening using tomosynthesis in combination with digital mammography. JAMA. 2014 Jun 25;311(24):2499-507.
    2. Zuckerman SP, Conant EF, Keller BM, et al. Implementation of Synthesized Two-dimensional Mammography in a Population-based Digital Breast Tomosynthesis Screening Program.Radiology. 2016 D ec;281(3):730-736.
    3. Skaane P, Bandos A,Eben EB, et al. Two-view digital breast tomosynthesis screening with synthetically reconstructed projection images: comparison with digital breast tomosynthesis with full-field digital mammographic images. Radiology. 2014 Jun;271(3):655-63.
    4. Bernardi D, Macaskill P, Pellegrini M, et. al.Breast cancer screening with tomosynthesis (3D Mammography™) with acquired or synthetic 2D mammography compared with 2D mammography alone (STORM-2): a population-based prospective study. Lancet Oncol. 2016 Aug;17(8):1105-13.
    5. Smith, A. Improving Patient Comfort in Mammography. Hologic WP-00119 Rev003(2017)
    6. Smith, A. SmartCurve™ Breast Stabilization System Patient Experience in Routine Clinical Use. Hologic WP-00141 Rev 001 (2/19).
    7. Markle, L., et al. “Reduction of Discomfort During Mammography Utilizing a Radiolucent Cushioning Pad.” The Breast Journal 10 (4) (2004) 345-9.
    8. Tabar, L. et al. “Clinical Assessment of a Radiolucent Cushion for Mammography.” Acta Radiologica.45 (2) (Apr. 2004) 154.
    9. Watt, A. Christine and Everett-Massetti, E. “Use of a Mammography Comfort Aid and Education to Improve Breast Positioning.” NCBC Poster March-April, 2005, Las Vegas, NV.
    10. Coryell, T. “Increasing Mammography Tissue Acquisition Through Positioning Training and Use of a Foam Breast Cushion.” NCBC Poster, March 2006, Las Vegas, NV.



その他特記事項:本文中の内容は当社比です。