医療関係者の方ですか?

はい

いいえ

3Dimensions™

3Dimensions

2Dから3D™へ。トモシンセシスで、
検査の精度は飛躍する。



HOLOGIC® 3D™(トモシンセシス)は、新たな技術genius AI™を搭載した3D Mammography™システムです。

 

販売名:デジタル式乳房X線撮影装置 Selenia Dimensions
医療機器認証番号:222ABBZX00177000

3Dimensions™は、乳がん早期発見のために高精細で診断に役立つ画像を提供します。高度な技術と高い信頼性を
持つホロジック製品は、「確かな技術開発力」と「品質管理体制」に裏付けられています。

ホロジックの3D™マンモグラフィ技術で、浸潤癌検出率が41%増加し、偽陽性による要精検率が最大40%低下した
ことが臨床研究で報告されています(当社2D*比較)1-4

最速3.7秒で-7.5°~+7.5°の範囲で15回のプロジェクションデータを収集します。スキャン時間・再構成時間ともに
高いスループットを実現しているため、圧迫時間を出来る限り短縮し、モーションアーチファクトを低減しています。

乳腺の重なりを排除して画像を確認することが可能で、2D*では乳腺の重なりに隠れていた病変の検出が容易になる、
あるいは正常乳腺の重なりで病変に見える「偽陽性」低減のメリットをもたらします。


 

●浸潤癌検出率が41%増加
 ホロジックの3D™マンモグラフィは、2D単独に比べ、浸潤癌の検出率が20~65%増加したことが臨床研究により
 報告されています
1

  
 

●偽陽性による要精検が40%低下
 2D単独では病変のように見えた正常乳腺の重なりが3D™マンモグラフィによって確認可能になります。
 偽陽性による要精検が最大で40%低下したことが
臨床研究で報告されており1-4、検査効率と全体の費用対効果の
向上が期待できます。

 
















●3.7秒のスキャン時間

 3D™のスキャン時間は3.7秒です。圧迫時間が短いため
被検者の体動リスクを
少なくし、再撮影のリスクを減らします。
  









●より快適な検査へのこだわり
 被検者のマンモグラフィ検査での不安事項として
1番にあげられるこ
とは、圧迫に伴う痛みです。
 その痛みと不快感を軽減するように、人間工学に
基づいてデザインさ
れた圧迫板がSmartCurve™です。
 乳房の形状に沿ったカーブを持つデザインで、従来の
フラットな圧迫板と変わらない画質を提供します。

 
 



●マンモグラフィ検査に、優しさを
 MammoPad®は、乳房圧迫の不快感や痛みを軽減する
クッションです。X線量を増加することなく高精細な画像を
提供します。75%の被検者は、検査の不快感が半減したと
回答しました
7-8
 また、MammoPad®の材質は乳房の固定を促すため、
画質の向上にも貢献します
9-10

 



●ホロジック製品で、高解像度のイメージを実現。
 Clarity HDの高解像度3Dイメージング技術は、
微細な石灰化や小さな病変を早期に発
見するために開発されました。
 乳腺構造や乳房の大きさに関係なく、優れた
3D画像を生成します。ノンビニング処理(1画素を
1ピクセルとして処理)により高分解能3D™画像を
提供します。
 同時に、アーチファクトも軽減しました。

 


●合成2D画像の生成
 3.7秒で撮影した70μmの高解像度3Dのデータから合成2D画像を生成します。
 

 

 画像上の特徴を識別し、画質を維持しつつ、より2Dに近い自然な画像を得ることができます。
 

 

●サービスサポート
 - 日本全国に72ヶ所のサービス拠点を設置し、安心のアフターサポートを提供。
 - 各種の保守メニューを用意し,お客様のご要望に対応できる体制でサポート。
 - 詳細については、営業・サービス担当者へお問合せ下さい。

 


 

 1. Friedewald SM, Rafferty EA, Rose SL, et al. Breast cancer screening using tomosynthesis in combination with digital mammography. JAMA. 2014 Jun 25;311(24):2499-507.
2. Zuckerman SP, Conant EF, Keller BM, et al. Implementation of Synthesized Two-dimensional Mammography in a Population-based Digital Breast Tomosynthesis Screening Program.Radiology. 2016 D ec;281(3):730-736.
3. Skaane P, Bandos A,Eben EB, et al. Two-view digital breast tomosynthesis screening with synthetically reconstructed projection images: comparison with digital breast tomosynthesis with full-field digital mammographic images. Radiology. 2014 Jun;271(3):655-63.
4. Bernardi D, Macaskill P, Pellegrini M, et. al.Breast cancer screening with tomosynthesis (3D Mammography™) with acquired or synthetic 2D mammography compared with 2D mammography alone (STORM-2): a population-based prospective study. Lancet Oncol. 2016 Aug;17(8):1105-13.
5. Smith, A. Improving Patient Comfort in Mammography. Hologic WP-00119 Rev003(2017)
6. Smith, A. SmartCurve™ Breast Stabilization System Patient Experience in Routine Clinical Use. Hologic WP-00141 Rev 001 (2/19).
7. Markle, L., et al. “Reduction of Discomfort During Mammography Utilizing a Radiolucent Cushioning Pad.” The Breast Journal 10 (4) (2004) 345-9.
8. Tabar, L. et al. “Clinical Assessment of a Radiolucent Cushion for Mammography.” Acta Radiologica.45 (2) (Apr. 2004) 154.
9. Watt, A. Christine and Everett-Massetti, E. “Use of a Mammography Comfort Aid and Education to Improve Breast Positioning.” NCBC Poster March-April, 2005, Las Vegas, NV.
10. Coryell, T. “Increasing Mammography Tissue Acquisition Through Positioning Training and Use of a Foam Breast Cushion.” NCBC Poster, March 2006, Las Vegas, NV.




その他特記事項:本文中の内容は当社比です。