TOP > 製品情報 > 診断・検査 > 機器 > パンサーシステム > TMA法とは?

TMA(Transcription Mediated Amplification)法とは?

核酸増幅法の一つ。

逆転写酵素とRNAポリメラーゼ(RNA合成酵素)を利用した増幅法。

RNAを鋳型として、逆転写酵素を用いて二本鎖DNAを合成後、T7 RNAポリメラーゼによって等温で目的RNAを大量に増幅させる。




1-2 MMLV逆転写酵素(RT)の働きにより、まず標的RNAから相補的RNA-DNA二本鎖が合成される

3-4 RNase H活性によりRNAが分解され一本鎖DNA(cDNA)となる

5-6 DNAポリメラーゼ活性により二本鎖DNAが合成される

7-8 鋳型二本鎖DNAをもとにRNAポリメラーゼ(RNA pol)の転写反応によりRNAが合成される

9-12 合成されたRNA増幅産物の一部は、上記と同様な工程により鋳型二本鎖DNAとなり、さらに多くのRNAが合成される






TMA法は温度サイクルが必要ではなく等温で反応が進むため、ランダムアクセスサンプリングに適した増幅法になる。






TMA法について

*
*言語は英語となっております。
字幕をご利用の場合は画像内の
をクリックして字幕を表示し、で言語の設定をしてください。