医療関係者の方ですか?

はい

いいえ

TOP > 製品情報 > 診断・検査 > 機器 > パンサーシステム

パンサーシステム

パンサーシステム

完全自動化による
革新的な遺伝子検査システム

ホロジックのパンサーシステムで、かつてなく自由で管理の行き届いた遺伝子検査ワークフローをご体験ください。完全自動化プラットフォームが実現する検査の統合、ランダムアクセスによる検体投入、そして実証済みのアッセイ法により、高い性能と信頼性のある結果をお届けします。

医療機器製造販売届出番号:13B3X10080002001
パンサーシステムは、ランダムアクセスと検体、試薬、消耗品の連続投入により、これまでにないワークフローの管理が可能になります。革新的な設計により、結果が出るまでの時間が短縮し検査室の生産性が上がるため、コストを抑えながら患者様のケアを充実させることができるようになります。
検体をセットすると結果の報告までを全自動で行うパンサーシステムは、バッチ処理の必要がなく、核酸検査のすべてを単一のプラットフォーム上で自動で行います。また、使いやすい直感的な設計を採用し、真の意味での作業からの解放を実現します。非常に高度な自動化によって高い生産性と操作効率を実現したパンサーシステムは、現在の遺伝子検査の世界の形を変えていくことでしょう。

パンサーシステムには、革新的、そして効率性を上げる独自の機能があります。

検体数、検査項目の組み合わせが自由な唯一のシステム:

  • ランダムアクセスまたはバッチ処理を選択可能。
  • 同一検体で複数のアッセイが可能。
  • 単独のプラットフォームでHPV、クラミジア/淋菌の同時測定が可能。

自動化により生産性アップと省コストを実現:

  • 検体をセットすると結果の報告までを全自動で行い、真の意味での作業からの解放を実現。
  • 1つの検体から複数の検査が可能。
  • 双方向LISインターフェースによる効率的なデータ管理。
  • メンテナンス作業の自動設定により作業時間が短縮。

バッチ検査の制約なし。

  • フレキシブルなワークフローを実現するランダムアクセスおよび検体/試薬の連続投入。
  • 検体をロードするのみであとは自動で実行&解析。
  • コントロールまたはキャリブレーターの測定は24時間に1回のみ。

現在パンサーシステムで可能なアッセイは次のとおりです。

  • アプティマ Combo 2 クラミジア/ゴノレア
  • アプティマ HPV

検体処理力

  • 3.5時間で最初の結果
  • 8時間で最大275検体を測定
  • 16時間で最大750検体を測定

検体容量

  • 連続アクセスで8ラックに120体の検体チューブ

外形寸法 (本体):

  • 122 (w) × 175 (h) × 81.5 (d) cm

空間距離:

  • 連続アクセスで8ラックに120本の検体チューブ

廃液容量:

  • 183~243 cm (横) 、91.4cm以上(前)、198cm以上(上)

重量:

  • 363kg

定格電圧:

  • 100~200 VAC、50または60Hz

定格電力:

  • 1400WA(最大)

温度:

  • 15℃~30℃

湿度:

  • 20~80%(結露しないこと)

パンサーシステム概要

>大きい画面で見る